羽田空港交通アクアツアー スタッフブログ

羽田空港交通「アクアツアー」の激安&格安バスツアー旅行ブログをお届けします!
日帰りツアーが主となります。ぜひご覧ください!
2017年7月5日(水)発 カメラ好き添乗員 河口湖ハーブと初夏の花バスツアー

2017年7月5日(水)発 日帰りバスツアー 同行レポート

※画像をクリックすると画像が大きくなります。

先日催行された羽田空港交通(アクアツアー)主催

カメラカメラ好き添乗員と行く、河口湖ハーブフェスティバルと初夏の花めぐりバスツアー」

コースの様子をお届けいたします!!ニコニコ

 

当初、天気は台風直撃予報雨ということもあり

ツアーは中止かと思いましたが、日中予報は回復へ!

 

横浜駅西口 天理ビル前を8時前に出発!お天気は雨でした。。雨

平日…ということもあり、道路の渋滞は全くなく中央道のサービスエリアへ。

自由昼食コースの為、この日も念のため…と軽食類購入のアナウンスをいたしました。

 

  

サービスエリア出発後、バス車内で、私自ら「カメラカメラ操作」講座を15分程度行いました。
講座を終えると富士山の輪郭がハッキリ見え、天気も晴れに!晴

 

ラベンダーは一部で見頃のため、パンフレットのように絵になる写真が撮影できました!

しかしラベンダーの見頃時期は6月末〜7月中旬とバラバラで、その年の気温により

差が出てしまうのが難点ですね。

公園内を見る限り、今年は7月中旬がベストのようです。

 

 

 

河口湖自然生活館と大石公園。

こちらはラベンダーはまだまだでした。

 

河口湖の水位は今年も少ないため、沼地で足を取られる人が多発しているようです。

前回の6月24日分 では近くまで行くことができましたが、この日は封鎖されていました。

 

 

大石公園内ではラベンダーはもちろん、

ユリやベゴニアなど、様々なお花花を楽しめました!ニコニコ

 

コキアも秋に向けて植えられていました。

夏場は緑ですが、秋になると地面が赤一色に染まります。

 

河原石が広がる部分から。富士山富士山と河口湖。

ヘラブナやブラックバスを小舟から釣っている方も多く見られました。

 

  

その後、天気は曇り曇りになりましたが、写真を趣味とする私としては

「曇りカット」と「晴れカット」をそれぞれ撮影できる、大変効率の良い滞在でしたニコニコ

 

その後、忍野八海に12時半ごろ到着。平日なので順調にバス行程は進みます。

自由散策のコースですが、忍野八海駐車場から中池(※個人所有の池)まで

道が心配というお客様を誘導しましたが、その道中にて。

 

 

マガモの巣がありました。親ガモを鳴いて呼び、母ガモ先頭に泳ぎだしました。

 

 

子ガモはお腹がすいていたようで、絵に描いたような「道草」

母ガモは子ガモを呼び戻し、別の場所でバクバクと水草を食べていました。

 

その後、ガイドを無視して行動する外国人旅行者グループがいるのを偶然目撃。

このカモは親の言うことを聞くのに、人間は言うことを聞かないなんて…ね汗

 

 

忍野八海(中池)にて。お土産屋が個人で造成した池のため、忍野八海の一つとしてはカウントされない。

今回もニジマスがたくさん泳いでいました!魚

 

 

 

 

涌池前にある「富士山の雪どけ水」では、水をくむこともできます。

また、池のニジマスにエサやりをすることもできます。

 

 

忍野八海の中心、涌池から約20分かけ徒歩で出口池へ行ってきました。

出口池は忍野八海の中で一つだけ離れた場所にあり、また最も面積が広い池として知られます。

中心部から遠いこともあり、観光客は皆無。池は静かな印象で、私が歩くたびにニジマスは逃げて行きました。

 

約120分滞在コースなので、時間にゆとりを持って滞在できましたニコニコ

最後に花の都公園へバス

 

 

キカラシは見頃を過ぎていましたが、赤いポピー 花 や百日草は見ごろを迎えていました!!ニコニコ

富士山も姿を見せており、午後の時間では完璧な撮影条件ですカメラ

 

  

カスミソウも咲いておりました!

撮影の時から、富士山は雲隠れしてしまいました。。。

 

 

スイレンの花と、アヤメ?の花も咲いておりました。

 

花の都公園を後にし、高速道路へバス

復路も平日でスムーズ!予定時間より早く進んでいるため、海老名サービスエリアではゆっくり滞在。

18時台に横浜駅西口 天理ビル前に到着。解散しました。

 

ご参加の皆さま、お疲れさまでした!!ニコニコ

 

 

河口湖方面は花の開花状況に合わせ、今後も企画を検討しております。
みなさまのご参加を心よりお待ちしております星星
 

 
*同行スタッフ :カメラカメラ好き添乗員電車

 

 

スタッフブログへ戻る 

 

2017年6月26日(月)発 地元のべテラン専門ガイドが案内する、小江戸川越散策バスツアー

2017年6月26日(月)発 日帰りバスツアー 同行レポート

※画像をクリックすると画像が大きくなります。

 

先日催行された羽田空港交通(アクアツアー)主催

「地元のべテラン専門ガイドが案内する、小江戸川越散策バスツアー」

コースの様子をお届けいたします!!ニコニコ

 

 

横浜駅西口 天理ビル前を8時20分出発!

お天気は小雨でしたが、川越に着く頃は曇りになりました!にこ

 

川越市役所駐車場の乗降場に10時過ぎに到着!

ここから川越市シルバーガイド同行の元、蔵造りの街並みを開始いたしました。

 


ここが、蔵造りの街並みの始まり、札の辻交差点です。

 

狭い路地に約20件ほど軒を連ねている「菓子屋横丁」へ。

10円の飴玉飴や300円程のジャンボ麩菓子せんべいなど

昔懐かしの駄菓子が販売されていました。

 

ご参加のお客様はみんな童心にかえっていましたニコニコ

ここの通りだけまるで、江戸時代にタイムスリップした用な景色が広がっています!

 

「新井武平商店」では川越名物のサツマイモを使った

色々な食べ物が並んでいます。

 


蔵の団子屋もカメラ

見るだけでもおいしそうですね!ニコニコ

 

 

本日の昼食場所、小江戸蔵里で、ツアー参加者の皆さまが

「八州亭御膳」の昼食を、食べています。

 

 

本日最後の見学場所、喜多院です。

「徳川家光」生誕の間や、「春日局」の使用した化粧の間などがあり、
あまり、知られてはおりませんが、秋になると非常に鮮やかに真っ赤に染まる庭園が、中庭に有ります。
又、入口は別になりますが、どれ一体として同じものがない「五百羅漢」も、見ごたえがあります。

 

これより、このバスで横浜までの帰路につきます。
あ〜楽しかった!
 

 

*同行スタッフ :Y

 

 

スタッフブログへ戻る 

 

 

2017年6月24日(土)発 カメラ好き添乗員 河口湖ハーブと初夏の花バスツアー

2017年6月24日(土)発 日帰りバスツアー 同行レポート

※画像をクリックすると画像が大きくなります。
 
先日催行された羽田空港交通(アクアツアー)主催

カメラカメラ好き添乗員と行く、河口湖ハーブフェスティバルと初夏の花めぐりバスツアー」

コースの様子をお届けいたします!!ニコニコ


この日は羽田空港交通として記念すべき初出発のバスツアー!ですニコニコ

大型観光バスで約30名さまがお集まりになりました。

 

 

まずは 横浜駅西口 天理ビル前にて1枚
添乗員(私)は通常、出発時間の約30分前にバスにて出発準備を行います。
今回のツアーでは結構早くからお待ちのお客さまもいらっしゃいました花丸


「アクアツアー」の旗を掲げ、皆さまのご集合を確認し、横浜を8時に出発!

 

高速道路の一部区間で渋滞がありましたが、大きな遅れもなく中央道へとバスは進みました。

本コースでは昼食無しの設定の為、途中のサービスエリアで休憩を取った際に軽食類をご購入いただきました。

 

その出発後、バス車内で、私自ら「カメラカメラ操作」に関しての講座を15分程度行いました。
講座を終えると富士急ハイランドと富士山の輪郭が見えてきました。

 

 

  

最初に大石公園へ。本コースでは約120分滞在なのでゆっくり観賞いただけます。

ラベンダーのお花は開花はしているものの、全体的には少し早い印象でした。

富士山も全く見えない…ではないですが、山頂が雲隠れしていました。

 

 

ラベンダー以外にも様々な花が咲いています。

 

 

お花にはチョウやクマバチ等の昆虫も飛んでいました。

 

 

河口湖は今年も水位が少ない印象がありました。

湖畔に広がるヨシ原にはスズメサイズのオオヨシキリが何匹もいました。

 

  

大石公園ではお土産屋もあり、ブルーベリーの加工品や地場産の野菜、

おなじみの屋台など、様々な物が販売されていました。

 

観光客も他社バスツアーバスで参加の方や、インバウンド(訪日外国人)の姿も多くみられました。

 

またアカペラコンクールが行われており、きれいな歌声が響いていました。

120分もあっという間に経過し、次なる忍野八海へ移動。

 

カメラカメラ好き添乗員コース」なので、ゆっくり滞在できるよう、こちらも120分確保です。

 

  

駐車場から忍野八海の中池まで約5分、楽々移動できました。

また水草も豊富で、水槽アクアリウムなどで使用される金魚藻(カボンバ)も生え、白い花を咲かせていました。

 

 

他にも様々な水草が生えており、透明な池にはマス類のお魚が泳いでいました。

 

 

土産屋の忍野八海池本の中池へ。人工池ではありますが水深8mと大変深い池となっています。

池の底には「投入禁止」にも関わらず小銭が沈んでいますが、見覚えのあるものも…(笑) 

 

 

忍野八海の一つ、涌池。

食用用なのか?ニジマスがたくさん泳いでいます。

また水の放出口があり、富士山の伏流水を汲んで持ち帰ることもできます。

 

  

忍野八海の一つ、銚子池。この池の由来は長柄の銚子に似ていることから。

また、昔ある家の花嫁があることに恥じて銚子を抱いたまま池に身を投げ、花嫁の履いていた草履が

池の底に映って見えることもあると言われているため、縁結びの池(パワースポット)として人気があるそうです。

 

 

最後に、花の都公園へバス

 

 

カラシの花が見頃です!ニコニコ
写真は分かりづらいですが、富士山は一瞬ながら、奇跡的に姿を見せたりしていました。

 

スイレンの花も咲いています。

その他の花は少なかったです。。

 

花の都公園を流れる桂川。

行く先に忍野八海。名称を変え相模川となり、相模湾へと流れる一級河川。

 

海老名サービスエリアにて1枚カメラ ここまで来れば横浜までもう少し!バス

復路は東名で渋滞いたしましたが、予定通り19時台に横浜駅西口 天理ビル前に到着。解散しました。

 

今回、社内でアンケートを配布させていただき、数多くの「行ってみたい観光地」のご意見をいただきました。
そちらを踏まえ、今後も弊社社員で知恵を合わせ、気軽にご参加いただけるバスツアー運営を目指します。
 
みなさまのご参加を心よりお待ちしております
星星
 

 
*同行スタッフ :カメラ
カメラ好き添乗員電車

 

 

スタッフブログへ戻る 

 

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE